てるてる坊主

少し陽が射すが曇り空だ

春の別れ(この曲を聞いた私の心の情景文です)
少し陽が射すが曇り空だ。田舎の山奥のひらけた田園地帯(だんだん畑かも)の中ほどにきれいな清流がある。清流の両脇には満開の桜が川にそってずっとならんで今にもすべて散りそうに咲き誇っている。風がもうすぐやって来る。春風は気まぐれでいつ来るか分からない。風がとうとうやって来た。だんだん強くなって花びらが少しずつ散っていく。そしてついには風力が頂点に達する。まるで風の精や風神が疾風怒濤の如く桜の間を舞い踊り通り過ぎて行くようだ。まさにその情景は『桃色乱舞』。しばらくするとだんだんと風が弱まってきた。散った花びらが地に少しずつ落ちていく。桜木には花びらがほとんど残っていない。地はさくら色(あるいは桃色)にそまって地面が見えないくらいだ。風が去っていく。今まで空にあった雲がほとんどなくなりいい天気だ。春が去っていく。もう夏がくる。>本当にこの通りの情景に近いか、できたらみなさん聞いて見てください。
良かったです。
敏速で丁寧な対応を感謝しています。商品もとてもきれいでした。
購入したアルバムも、今まで聴いた事がないようなくらい感動しました。
癒される曲ばかりです。
良い!
SACD盤、心安らぎます。ミュージックセラピーに最適
アニヴァーサリー
[PR]



by kateiryo | 2011-07-02 18:39 | 音楽

メモ帳

最新の記事

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧