てるてる坊主

ものすごく極端だ。

表紙イラストに騙されるな
さすが高校生の書く文だけある。

ものすごく極端だ。

離島に越した病弱の女子高生の恋物語。

ストーリーはありがちなもので評価に値しない。

評価するのは、作品の7割を占める主人公の独白。

思春期まっただなかの高校生らしさが出ている。

読んでてこっぱずかしくなるくらいだ。

他人などおかまいなしで、己の気持ちを語る語る。

その自分主義。

若い恋愛の過程でそれはとても大事。

それがあってこその恋物語。

ただもっとちゃんとしたストーリーがあればもっと生きたはずなのにと思う。

読みやすく、あったかく、切なく、甘酸っぱいお話でした。


榎本ナリコさんの絵に惹かれて買ってみたこの本。

読みやすく、あったかく、切なく、甘酸っぱいお話でした。

登場人物や場所の名前が面白く、それにあまり意味がなかったのが少し心残りのような…。

いや、実はあるのかも…?僕はこういう本を読むとき、読みながら頭の中で漫画みたいに絵に表しながら感情移入しながら読むのですが、表紙の主人公の絵がピッタリはまってとても読みやすかったです。

ネガティブなんだけど根本的にはポジティブな17歳の葛藤が、少し前に高校生だった僕にはかなり近く感じられ感情移入しやすかったです。

物語のもっとも大切な部分の主人公と共通する点が僕にあるのも感情移入しやすかった点だと思います。

一日一日、感謝し、一生懸命に生きていこうという気になれる一冊です。

闘病記?いや闘ってない。

でも勝ってる。


へんな話でした。

内容としては普通の恋愛話なのですが、主人公の視点が面白かった。

重い病気を患っていてすぐに死ぬような体なのに、悩みごとといったら「マット運動が上手にできない」とか。

悩みどころはそれでいいのか(笑)。

体は病んでるのに、普通に恋をして学校にいって泣いたり笑ったりしている。

そんな主人公がちょっと不思議で、でもとても魅力的でした。

私の優しくない先輩日日日
[PR]



by kateiryo | 2010-09-14 20:27

メモ帳

最新の記事

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧